自分でもできるネイルケアテクニック

簡単に自宅でできるネイルケアとは?

意外と多い爪のトラブル

このコラムをシェアする

ネイルケアをしないとおこる事

ネイルケアをしていないとどうなるのでしょうか。
ネイルケアをしないとおこるかもしれない症状についてご紹介します。
もちろん、個人差がありますのでネイルケアをしないと必ず起こる、しているとおこらない、というものではないのでご注意くださいね。

・爪のトラブル
デコボコになってしまったり、色が悪くなってしまったり、詰めのトラブルが起きてしまうことがあります。
またささくれや二枚爪になりやすくなってしまうこともあります。
健康的な爪を維持するためには、ネイルケアが重要になってくるのです。

・見た目が悪くなる
爪の先が、ガタガタになっていたり、つやがなかったりなど、健康上は問題がなくても、見た目に問題が発生してくる場合があります。
意外と見ている人は見ている爪。
見た目にも気を使いたいものです。

爪の問題の原因

健康的で美しい爪を維持するために、ネイルケアが重要だという事はご説明しました。
では、なぜネイルケアが必要なのでしょうか。
ここでは爪のトラブルもそもそもの原因についてみていきましょう。

・乾燥
爪のトラブルには、乾燥が大きな要因になっています。
爪には10パーセントから15パーセントほど水分が含まれているため、乾燥が生じた際には大きな影響を受けることになるのです。
特に割れたりささくれたりなどのトラブルに要注意です。

・栄養不足
爪にも栄養が必要です。
偏った食生活や栄養不足は体調だけではなく、爪のトラブルも引き起こしてしまうのです。

・ダメージ
つい爪を噛んでしまう、どこかにぶつけてしまった、など、ダメージが原因の爪のトラブルも多く見られます。
これには癖の改善も必要になってきます。