自分でもできるネイルケアテクニック

簡単に自宅でできるネイルケアとは?

健康的で美しい爪を維持するために

このコラムをシェアする

甘皮の処理

甘皮を適切に取り除くことで、強く健康な爪が生えやすくなります。
また、見た目が良くなったり、マニュキアのノリが良くなったりします。

やり方は簡単です。
まずお湯に10分ほど指先を付けて、爪を柔らかくします。
水分をふき取った後、綿棒などでやさしく甘皮をこすり取ります。
最後にハンドクリームなどを使用して保湿を行い、完了です。

このやり方は最も道具を使わずにできる方法ですが、爪の甘皮処理にはいろいろな専用の道具も売られています。
よりこだわって処理したいという人は使用してみても良いですね。

ただし、甘皮の処理のし過ぎは、逆に爪トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
多くとも2週間に1度程度に留め、やりすぎないように注意してくださいね。

普段からできるセルフケア

特別にネイルケアをしなくても、普段からコツコツとできるネイルケアもあります。
まずは保湿。
健康的な爪の大敵に、乾燥があります。
爪を乾燥させないためにも、こまめに保湿してあげることが大切です。

方法はとても簡単です。
持っているハンドクリームをこまめに塗るだけ!
手に塗るときに意識して爪先まで塗ることで、爪の保湿効果が期待できます。

より保湿効果を求める人にはネイルオイルやキューティクルオイルという方法があります。
爪にしっかりと浸透して保湿してくれるため、より高い効果が期待できるのです。

必要以上に伸ばしすぎないのも立派なセルフケアの一つです。
思いがけずぶつけてしまい、爪が割れてしまったり、内出血になってしまったりなどのトラブルを防ぐために有効です。